高齢者の老親の見守りサービス

一人暮らしの高齢の母親の見守りサービスを複数挙げてください。

リモートモニタリングシステム:センサーやカメラを用いて、高齢者の生活状況を遠隔から確認するシステムです。異常な行動や緊急事態が感知された場合、自動的に関連者へ通知します。

見守りロボット:ロボットを用いて、定期的に健康状態や生活の様子を確認します。一部のロボットは、通話機能を備えていて、遠隔からでも話ができます。

GPS追跡サービス:高齢者が家から離れてしまった場合、GPSを用いて位置を特定し、適切な対応を行うことができます。

定期訪問サービス:訪問介護スタッフが定期的に家を訪れ、生活状況を確認します。必要に応じて家事支援も行います。

介護通信サービス:スマートフォンやタブレットを使って、定期的に高齢者とビデオ通話を行い、健康状態や生活の様子を確認します。

ヘルスモニタリングデバイス:ウェアラブルデバイスやスマート家電を用いて、血圧、心拍数、睡眠パターンなどの健康データを収集・分析します。

コールセンター:高齢者がいつでも助けを求めることができるように、24時間体制で運営されるコールセンター。緊急ボタンを押すと、スタッフが即時に対応します。

これらのサービスは、高齢者が安心して一人暮らしを続けられるよう支援します。また、子ども側も安心して母親の様子を見守ることができます。ただし、使用するサービスによっては、プライバシーの侵害になる可能性もあるため、使用前に十分な説明と同意を得ることが重要です。

親の介護の前に必須! 実家 親の持ち家の価値を知っておこう

親の介護の期間が長くなればなるほど重くのしかかってくるのが費用の問題。

最初は親孝行の意を込めて快く費用を負担できても、長生きすればどんどん金額が積み上がっていくのが現実。

自分たちの生活もあるので、親の介護費用を援助し続けるには限界があります。

そのため、親の介護費用は基本的にまず親の財産を使っていくことが、お互いのため。

だからこそ、すぐに売る売らないは別にして、
あなたの実家・親の持ち家の価値を知っておく(一度、査定をしておく)ことで、介護費用にあてられる金銭の目処が立ちます。

実家終いノート編集部
家を売らなくても、担保にして金融機関からお金を借りることも可能ですし、家の金銭的価値を把握しておけば選択肢が増えますよ。

相続した実家が空き家⇛ 築40年超えの古家でも高く売る方法

親の介護費用が払えない!? 親が認知症になってからでは遅い

築47年の一戸建てを相続したが住まない長男が実家を売却【母親が介護施設に入所】

  • この記事を書いた人

実家じまいノート編集部

実家じまいノート編集部です。

-高齢者の老親の見守りサービス